マインドガードDXって実際どうなの?効果・口コミガイド

マインドガードDXでセロトニンにアプローチできるワケ

 

マインドガードDXを飲むとセロトニンの分泌が増え、それによって不眠症の症状が改善されることが期待できるということはご存知の方も多いかと思います。
では、なぜマインドガードDXを飲むとセロトニンの分泌が増えるのでしょうか?

 

その答えは、マインドガードDXに含まれている天然のモリンダシトリフォリア(ノニ)にあります。
モリンダシトリフォリアには、セロトニンを増やすための材料となるトリプトファン(アミノ酸の一種)が含まれているからです。

 

トリプトファンは体内では合成されない成分ですので、食品から摂る必要があります。
また、トリプトファンだけ摂取していればいいわけではなく、ビタミンB6も一緒に摂る必要があります。
マインドガードDXにはトリプトファンだけでなくビタミンB6もしっかり含まれているので、これをゴクッと飲むだけでセロトニンの分泌が期待できるというわけです。

 

しかもモリンダシトリフォリアを3ヵ月熟成させたことによって栄養価がさらに高くなっていますし、それ以外にもアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどがぎっしり詰まっています。

 

マインドガードDXを飲むことによってセロトニンを増やして不眠症の改善が期待できるだけでなく、様々な栄養素を摂取できるのが健康的でいいですね。

 

友人にインタビュー!「眠れない時はどうやって対処してる?」

【A.Kさんの場合】眠れない時は、まず、身体を起こす事から始めます。薄暗い部屋で横になっていると、どうしても明日やらなければならない事や、今日の失敗が浮かんできて、頭が冴えてますます眠れなくなります。そこで、身体を起こし、一度寝室を出てみます。トイレに行き、手を洗う。水を飲む。そうして普段通りに身体を動かすと気分も変わり、ちょっと落ち着きます。頭が冴えて眠れない時には、身体のほうにちょっと疲れを感じさせてやる、たとえば、軽い体操をしたり、消化の良い食べ物を少量食べるのもいいかもしれません。お腹が満たされ身体が疲れれば、自然と眠りは訪れます。焦らず気持ちを楽にして、眠れない事を逆手に取り、自由な時間ができたのだと思い、趣味などの好きな作業をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

【D.Wさんの場合】私は夜眠れないと感じたなら、翌日からランニングをすることをおすすめします。昼間暇なら昼間、夜しか時間がなければ夜でいいですから、くたくたになるまで走るのです。もちろん無理して走らなくもよく、休み休みでもいいのですが、とにかく疲労感を覚えるまで走り込むのです。そのうち脳から快感部質が出てきてどんどん調子よくなる人もいますが、ただきついだけの人もいるでしょう。そのようにして走り込むのは、疲れを溜める為です。それはどうしてかというと、家へ帰ってから、シャワーや風呂にはいった後、バタンキューとすぐに寝られるようにする為です。走り疲れてとても起きてられない状態なので、自然に睡魔に襲われて、食事をとるのも忘れて眠てしまうかもしれません。翌朝は熟睡できた満足感でとってもいい気分だと思います。健康な人ならだいたいこれでOKだと思います。