マインドガードDXって実際どうなの?効果・口コミガイド

眠れない人におすすめのマインドガードDXですが、実は、マインドガードDXはうつ(鬱)にも効くと噂になっています。

 

そもそも、うつの原因は何かというと、セロトニンの不足であることがわかっています。
そして、眠れない原因もセロトニン不足にあるのです。

 

マインドガードDXにはよく眠れるようにするためにセロトニンが多く配合されています。
そのため、マインドガードDXを飲めばセロトニン不足が解消されるので、よく眠れるようになるだけではなく、同時にうつも改善されるのです。

 

うつと睡眠障害というのはしばしば同時に発生します。
それもそのはずで、うつになってしまうと、明日が来るのが嫌だなと思うようになります。
明日が来るのが嫌なのですから、落ち着いて眠れるはずもありません。
また、うつにかかっているときは夢見も悪くなりがちですから、せっかく眠りについてもすぐに目が覚めてしまいます。

 

そういった状態を放置していると、どんどんうつも悪化し、睡眠障害も悪化していきます。
そんなときこそ、マインドガードDXの出番です。
マインドガードDXを飲めば、うつも睡眠障害も改善され、よく眠れるようになり、毎日を明るく元気に過ごすことができるようになります。

 

うつな人はぜひマインドガードDXを試してみてください。

 

友人にインタビュー!「眠れない時はどうやって対処してる?」

【C.Tさんの場合】こんにちは。私は43歳になる税理士事務所で働く女性です。私は、結婚して16年になります。税理士事務所では細かい作業が多く、伝票入力の仕事では、1文字も絶対に入力のミスはしないでくださいと常日頃から言われています。私は、この仕事をするようになってからというもの、常に緊張状態にあります。なので、あまりにも大量の入力業務が続くと眠れないこともあります。頭がさえすぎて、眠れないことがありました。よく、羊を数えるといいとか言われますが。あれは、全く効果はありません。むしろ、眠れなくなります。私は、ヨガをやっている昔の職場の先輩に相談をしたことがあります。眠れないんだけど、なにか良い対処法はあるかなと。その先輩は、20年以上の付き合いで、神戸に引っ越してしまっても電話での相談は快く聞いてくれています。その先輩が言うことには、まず半身浴を続けることと、寝る前はパソコンなどの光を見ないことが良いと教えてくれました。あと、ハーブティーも飲むと眠りにつきやすいそうです。

 

【Y.Aさんの場合】以前は夜遅くなると寝なくてはと思ってとにかく布団に入って眠ろうとしていました。でも眠気を感じないのに眠ろうとするのって、かえって不眠になってしまうそうです。その話を聞いてからは、なるべく眠気を感じてから寝室に行くようにしています。この方法だと本当にすぐに眠りにつくことができます。そうはいっても12時を過ぎると明日も早いのにとか思って不安になってしまいます。でも結局寝ようとしても眠れずに時間だけが過ぎてゆき、朝起きた時も十分寝た気がしないし頭も重いといった状態が続きます。やっぱり眠れない時は寝ないというのが一番のようです。でも夜10時過ぎたら、パソコンやスマホは控えるとか、間接照明に切り替えてリラックス出来る環境を整えるというのは大切みたいですね。リラックスできる環境で過ごしていると、余り遅くならないうちに眠気が襲ってきます。お腹の中を温めるのも良いそうなので、冬は夕食後にココアや柚子湯を飲んでのんびり過ごすようにしています。